コーチング グラン・ジュテ愛と意志の【愛学講座】
神鳥貞子(かんどりていこ)です。
(子どものこと)



学校に行きたくない
http://ameblo.jp/coaching-gj/entry-11849171596.html
と、泣いていたのに・・・。

一学期を無事に終えて
夏休みを元気に過ごしています。


給食が食べられなかったことは
ずーっと尾をひいたまま、
一学期を終えたようです。


私の心配をよそに、
彼女の対応策。


彼女は、明日の給食を
毎日チェック。

見慣れない名前の献立を見つけると、
母親に前日につくるように、
懇願し、一度食してから、
学校に行くという念の入れよう。


「そんなの食べられやんの。」
の担任の先生の一言は、
忘れられず、
食べられない自分になりたくないらしい。


立派な一年生とは、
何でも残さず、全部食べて、
「ごちそうさまでした。」と
保育園の頃のように言えることらしいのです。


そういえば、
保育園の頃は、
一番に給食が食べられて、
おかわりもして、
お当番も楽しみと言っていたのを
思い出しました。


私は母親から、
前日のチェックや
知らない食べ物は一度食してから臨む
という話を聞いて、
にこにこ笑っていると、

「ママ。そんなこと言わんといて。」
と一言、照れくさそうにはにかんでいるところが
可愛い。


こっそり頑張るタイプかも!


一言担任の先生に言われて、
より一層給食に興味・関心を
持つことができたようです。


失敗をしても、
そのままにせず、
人一倍気にかけて、
準備をするなんて!


学校に行きたくないと言って泣いていた4月に比べると、
何と逞しい。


母親もそれほど深刻にならず、
でも本気になって、
付き合っているらしいのです。


立派な一年生になるために。
家族で一丸となって、
やっているのです。



自立につながる少しの歩みになりますように!

あなたの心に灯をともす

コーチング グラン・ジュテ愛と意志の【愛学講座】

最高に輝くあなたになるために

お問い合わせはこちらから
 

2014/08/02
Category│