コーチング グラン・ジュテ愛と意志の【愛学講座】
(子どものこと)
神鳥貞子(かんどりていこ)です。



子どもだけでなく、私たち大人もそうなのです。

興味・関心のあること。

誰にもあるはずです。

ない?

まだ見つかっていないだけ。
もしくは、
自分のために、
自分のやりたいことのために
過ごしていないのかもしれません。

子どもは興味・関心のあること
わかりやすいです。

一学期末、通知表をもらってきたお子様も
多いことでしょう。
(二学期制の学校は、もらっていないかも。)


この学年の、この時期に学習していることに、
興味・関心があるのかどうかの一指標になります。

いつも算数は興味・関心があると認められているとか、
国語は好きみたいとか、


子どもからの情報で、担任の先生の見解として伝えられます。

この情報はその子の全てではなく、
この時期のこの学習に関するものです。


好き、得意、興味・関心あり。


これがきっかけになって。

お家でも褒めてもらって。


本人も
どんどん自覚していきます。

得意なんだ!
できるんだ!


どんどん好きになっていきます。


一つの好きなことが、
次につながって、
ますます、興味・関心が膨らんでいきます。


やる気はその子の心の中にあるものですね。

好きと感じるもの。
やる気になっていきます。


興味・関心のあること、
だんだん気持ちが湧いてきて、
やる気になります。


押し付けでみても、
しかりつけてみても、
やる気は起こりませんよね。


叱咤激励は本気になったときには通用しますが、
まだまだ、不安や心配を抱いている時には、
自信をなくしてしまうことにもなりかねません。


学力向上のための
やる気。

やっている本人の
やっていること、やれていることを
認め、ほめる、理解することにつきます。

本人にやる気が起こるのです。
やる気は本人の心の中から湧いてくるものです。
やっていく行動力は本人のなかにあるのです。


子どものやる気に灯をともす

コーチング グラン・ジュテ愛と意志の【愛学講座】

お問い合わせはこちらから


 

2014/08/02
Category│