コーチング グラン・ジュテの愛と意志の【愛学講座】
(子どものこと)
神鳥貞子(かんどりていこ)です。


私たち(じーじとばーば)と一緒に居る時、
孫たちは態度がデカイらしい。

母親(嫁)の感想です。

コントロール不能になるらしいのです。


私たちにとっては、それほど異和感はないのす。

母親に、
自己決定の機会を多くしていると。


私たちの接し方を伝えてみると、
母親も親としての威厳を保つことを
ちょっと引っ込めて、
私たちがいる時は、
おおめに見てくれているようです。


母親としては、
ちゃんとしてほしいと思う願いがあります。

人一倍あるので、
気が気ではないと思うのです。


次第に慣れて、
最近では、
いろいろな人と接するのは
大事なことだと言ってくれるようになってきています。



子どもに求める価値観や期待・願いは、
立場や世代、その人の求めているもので、
それぞれです。


大人の考え方や感じ方を、
即座にキャッチする子ども。


その時々の人や環境に合わせて
状況を感じ取り、
臨機応変に態度を変えていく。


これは生きる術とも言えます。
子どもであっても、
大人であっても、
人は注意させたくないし、
叱られたくないし、

批判されたくないのです。


人間は、愛と意志の原理
(感性論哲学:芳村思風先生)で生きています。

https://www.facebook.com/pages/%E8%8A%B3%E6%9D%91%E6%80%9D%E9%A2%A8-%E6%84%9F%E6%80%A7%E8%AB%96%E5%93%B2%E5%AD%A6/222809191120054?fref=ts



”子どもは二重人格”。
いいえ、もっともっと。
その時々で対応を変えますので、
それ以上だと思います。


意志の原理
①認めてもらいたい。
②わかってもらいたい。
③褒めてもらいたい。

愛の原理
①好きになってもらいたい。
②信じてもらいたい。
③許してもらいた。
④待ってもらいたい。

物事を最後までやり遂げ、素晴らしい人間関係をつくるには、
意志と愛の力が必要なのです。


自立につながる少しの歩みになりますように!

あなたの心に灯をともす

コーチング グラン・ジュテ愛と意志の【愛学講座】

お問い合わせはこちらから

 

2014/08/02
Category│