■私たちが目指す目標には3つの種類がある。

 夢を大きくもち、それを目指して努力する。より高みを目指す目標がある。

 「このままでは物足りない。」
 「私が私であるために何を目指すのか。」
 「もっと輝ける私になるには。」
 と自分に問いかけて、目標を持つ。

 抽象的な、高邁な目標を持つ。
 オンリーワンの目標のことと私は思う。
 めざす姿、未来への方向性を示している。

 一つ目の
 向上目標である。

 いつまでもいつまでも、
 追い求め、追い求めても
 なかなかこれで良しと思えない。

 達成感をなかなか味わうことができない可能性がある。
 疲労感を持ちすぎないように、
 時には自分自身にご褒美をあげて、
 自画自賛し、自己効力感を持ち
 より高みへと上って行くようにする。



 二つ目は体験目標である。

 体験することはとても大切で、体験が目標になる。

 体験して初めて気づくこと、発見することができる。
 身を持ってわかることである。

 体験することで触れ合いを実感し、感動が生まれる。

 体験を通してわかると納得感が持てることがある。

 知的精神的成長のためには、体験が重要な意味を持つ。
 そのために必要な目標である。



 三つ目は達成目標である。
 
 抽象的でなく、より具体的に。
 
 何ができたのかを評価する。
 どんな認識を示したからこの水準に達したと判断する。
 
 アセスメントシートを活用して、
 振り返って、できたこと、もう少し努力をすることなど
 整理をして、行動できるようにする場合がある。

 また、具体的な数値を基準にして、
 達成感を持てるようにする。



 3つの目標を明確に位置付けて、
 達成感を味わって生き生きと、自分自身を充実させたい。

2012/11/18
Category│