■100%の頑張りと120%の頑張りイメージできます?

自分では100%だと思っていても、120%になっていることはありませんか?

私の娘はバレエを仕事にしています。
それで、グラン・ジュテは私にはとても馴染みのある言葉なのです。

先日娘と電話で話した時のことです。

娘の表現は見ていて息が詰まると思うときがあります。

先生からも私が感じているのと同じことを言われたというのです。
「そんなに力を入れなくても・・・。表現できているのに・・・。」
「見ているほうが疲れるよ・・・。」
「力を抜いてやってみて。」「でも芯はしっかりと。」

力を抜いて、本質を見失わずしっかり身体を支えて表現するのだというのです。

なるほど!!!
私は納得しました。
私の頑張ると同じです。共感どころか。同感です!!!

コーチング グラン・ジュテでは、”いかに真剣で、いかに力を入れずに、自分らしく輝けるのか”をテーマにしています。  

2012/11/18
Category│