人間は何かを知るとき、

二通りの方法があります。



①説明してもらって知る

②見つける(発見する。)


①は教えてもらって、知るのですから、
聞いていると、あまり苦労せずに、
理解することができます。

あまり時間も費やさずに、
獲得できます。

興味・関心、その気になれは、
たくさんのことを知ることをできます。



②はかなり苦労します。
自分で見つける、気づく、考えることで、
”なるほど”を掴み取るのですから。

その過程において、
嫌になって、やめてしまうかもしれません。

わからないと思って、へこたれるかもしれません。私には無理だ!って。



たとえ、小さな発見であっても、
自分の力で見つけると、

それまでの悶々としていたものが、
ぱっと、明るくなって、

サンサンと太陽が出ているかのように、

何かが
輝き始めることってありますよね。



その過程を楽しんでみましょう。



そういう時、
苦しいけれど、
不安になるけれど、


どこかで、
ワクワクして、


きっと何かが生まれるという期待感が生まれることに
気づくことができました。


あなたにも経験ありますよね。


子どもの頃って未知の世界に。

「どうなっているんだろう。」って、
不思議な気持ちになりましたよね。



どんな秘密かあるの


それを突きとめよう~。

そんな感じです。



実はこれって。

ずーっと、興味・関心が持続していることになります。



見つけ出さないと、
このまはでは、済ませなられなくなり、
やり続けてしまうのでです。


身体の中の何かが、

わくわく、
面白そう

そんな感じで、
化学反応を起こしてくるのです。



途中であきらめなかったら、きっと誰もが味わえる感覚です。


そうなのです。
そういう感覚を誰もが味わっているのです。

子どもの頃に。



子どもを見ていると、

課題を投げかけられ、

何かが導き出された瞬間、

どの子の顔も、自信にあふれ、

生き生きと輝くのです。



その瞬間の輝きを一緒に味わうことは
とても尊いことです。


主体的にかかわって、
自分のものにしていく。

そのことは、
とても知的で、精神的な活動です。

子どもだけでなく、大人にとっても、
充実した瞬間ですね。
私たち人間だけが成し遂げられる瞬間です。


毎日、何かに感動し、
何かを解き明かしていく
そんな積み重ねって、

生きているなあ!

って実感できます。


 

 

2014/05/29
Category│