合わせるのが苦手な私。

合わせると言うと、

なんだか自分が無くなってしまうような気がするのです。



夫にもそんな気持ち味わったことないかを質問してみますと、

お酒が苦手な夫にとって、

懇親会や宴会のたびに

どうして合わせないといけないのかと思ったのだそうです。


その気持ちがわかっていたら、

お酒の席にあまり誘わないようにしてくれたのかもしれません。



でもね。

夫は言葉にはしていないのでしょう。きっと。

周りの人たちは、そんなこととは想像もつかなかったのでは

ないでしょうか。



人それぞれですね。



それそれの思いを受けとめてみると、

今までにない何かが

生まれますよ。


”合わせる”というより、

”その人を知る”ということです。


お互いに知っていると、

不思議ですが、

合わせなくてはという感覚はどんどん薄れていきます。


場を共有できているからですね。


喜んでいる笑顔を見ていると、

愛を感じますね。


それ本当です。

楽しさ倍増します。


女性の自立と愛学講座

一緒に楽しみましょう。

お待ちしています。


2014/07/03
Category│